スポンサードリンク

ブレンディの牛CMがやばすぎる

ブレンディのCMがやばすぎると話題になっている。

 

そもそも最近のCMは直接商品の説明をするのではなく、インパクトのある内容で視聴者にインパクトを与える趣向のものが多い。

 

しかし、これはやり過ぎではないかと。果たしてこれに共感を得て飲みたくなる人がいるのだろうか?

 

問題のCMがこちらです。

 

いかがでしょうか?




スポンサードリンク

 

将来に夢を描いている現役高校生たちはどう思ってるいるのだろうか。

 

私たちの生活において牛はかなり重要な生き物である。

 

しかし、私たちは牛では無い。

 

これから巣立って行く若者たちを牛に例えてどうするのか?

 

この企画を考えた人間は本当にこの商品をアピール出来たと思っているのだろうか?

 

今の時代はCMという莫大な広告費をかけて商品が売れなければなら意味が無いのはすごく分かるのだが、視聴者の共感を得られなければ意味が無い。

 

最近はいろいろな企業で若者の教育は難しい、ゆとり世代は使えないなどの声が聞こえて来るが、情報を発信する立場の人がこんなことでは日本の未来は暗い。

 

今後は是非、人々の共感を得るCMが出てきて欲しい。




スポンサードリンク