スポンサードリンク

井端弘和が引退してコーチに!

巨人のいぶし銀、井端弘和が引退する。

 

そして、内野守備走塁コーチに就任するそうだ。

 

最近はやたらと野球界を賑わせている巨人。

 

原監督の辞任に始まり、高橋由伸の監督就任、そして八百長問題、今度はいぶし銀の井端弘和の引退、コーチ就任だ。

 

同期の高橋由伸を支える決断

監督就任を受けて引退を決意した高橋由伸は同じ年齢で、アマチュア時代からともに支え合って来た仲間だ。

 

今度は指導者として共に戦う。

 

アマチュア、プロ、指導者と野球界を共に過ごして来たとは凄すぎる。

 

球団は兼任を希望していた

今季は98試合の出場で打率・234。相手を消耗させる粘り強さ、勝負強い打撃、まさにいぶし銀のような活躍で数字以上にチームに貢献した。

 

球団は来季も戦力として考えていたが、高橋由伸もきっぱりと引退して監督に専念する決意をした。

 

巨人に貢献してきた井端弘和の重い決断を尊重して、コーチに専念させることになった。

 

井端弘和の技術の動画を見てみよう。




スポンサードリンク

やはり、いぶし銀と言われるねばり強さと巧みな技術を持っている。

 

しかし、高橋由伸には引退して監督になるように説得し、井端弘和には現役を続行して兼任コーチになるように提案するとは。

 

巨人も中々のオラオラチームだ。

 

もっとも今季だけの成績を見れば井端弘和の残した数字はまだまだ活躍出来そうな気がするし、そもそも監督とコーチでは指導者としての責任も違ってくる。

 

なんにしても井端弘和が引退を決意してくれたおかげで高橋由伸も周りの選手、スタッフも変な気を使わずに済むことは間違いない。

 

井端弘和のいぶし銀っぷりはこんなところにも表れている。

 

2人なら原辰徳前監督が築き上げた巨人を日本一に復活させることができるであろう。

 

今季選手だった2人がいきなり指導者になる巨人の来季に期待したい。

 




スポンサードリンク