スポンサードリンク

川島永嗣はやはりダンディーだった!

サッカー日本代表の守護神、川島永嗣の移籍先がどうやらやっと決まりそうだ。

 

そのチームはスコットランド1部リーグのダンディーユナイテッドだ。

 

ダンディーユナイテッドのミシュ・パーテライネン監督は、

 

「間違いなく、永嗣はGKのポジション争いを高めてくれるだろう。彼は日本代表で70キャップを持つ選手であり、メジャー大会にも参加している。チームの若手GKにとって彼の経験は助けになるだろうし、加入が実現すれば素晴らしいことだ」

と、川島永嗣の加入に期待を寄せている。

 

しかし、川島永嗣は昨季スタンダールでレギュラーを奪われてからは試合にほとんど出場していない。

 

真面目な川島永嗣の事だ。トレーニングは怠るわけはないが試合勘が鈍っているのは間違いない。

 

しかもダンディユナイテッドは現在所属しているゴールキーパーは若手中心である。

 

経験を武器に正ゴールキーパーを奪取することが出来るか?

 

ダンディー・ユナイテッドFC

1909年、「ダンディー・ハイバーニアン」として創設。1923年に現在の名称となった。




スポンサードリンク

 

1982-1983シーズンにリーグ優勝を果たしている。

 

1983-84シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは1回戦でĦamrun Spartans、2回戦でスタンダール・リエージュ、3回戦でSKラピード・ウィーンを倒して準決勝に進出したが、準決勝でASローマに2試合合計2-3で敗れた。

 

1986-87シーズンのUEFAカップでは決勝でIFKヨーテボリに敗れた。ホーム・アンド・アウェイで行われた決勝の、タナディス・パークで行われた試合後にダンディー・ユナイテッドのファン全員が席から立ち上がり、優勝したヨーテボリのイレブンに盛大な拍手を送った。

 

この事が評価され、同年から創設されたFIFAフェアプレー賞に、ダンディー・ユナイテッドのファンが選出された。

ダンディー・ユナイテッドのファンは果たして川島永嗣を受け入れてくれるのかに注目が集まる。

 

川島永嗣のスーパーセーブ

 

 

 




スポンサードリンク