スポンサードリンク

小林愛実がファイナリストに!

小林愛実がショパンコンクールのファイナリストに選ばれた。

 

やはり彼女は凄い。

 

日本人とは思えない表現力で、聴いてる人を魅了する。

 

彼女の予選の演奏を聴いてみて欲しい。

 

容姿はまだ、少女のあどけなさが残る小林愛実だが、演奏が始まるとアーティストになる。

 

ファイナルは10月18日から20日の3日間でおこなわれる。

 

小林愛実は次のいずれかを演奏する予定だ。




スポンサードリンク

ピアノ協奏曲第1番 Op.11 ホ短調
ピアノ協奏曲第2番 Op.28: ヘ短調
本選のルールはいたってシンプルでオーケストラと協演するピアノ協奏曲を1つ選ぶ。

 

各本選出場者の日程は以下の通り。

【10月18日】

Mr Seong-Jin Cho (South Korea):1番 25:00-25:40
Mr Aljoša Jurinić (Croatia):1番 25:40-26:20
Ms Aimi Kobayashi (Japan):1番 26:50-27:30
Ms Kate Liu (United States):1番 27:30-28:10
【10月19日】

Mr Eric Lu (United States):1番 25:00-25:40
Mr Szymon Nehring (Poland):1番 25:40-26:20
Mr Georgijs Osokins (Latvia):1番 26:50-27:30
【10月20日】

Mr Charles Richard-Hamelin (Canada):2番 25:00-25:40
Mr Dmitry Shishkin (Russia):1番 25:40-26:20
Mr Yike (Tony) Yang (Canada):1番 26:50-27:30

小林愛実は18日の26時50分からのスタートだ。つまり、19日の午前2時50分からである。

 

日本代表として、頑張って欲しい。
 

 




スポンサードリンク