スポンサードリンク

子供の褒め方

現実の問題

「子どもをいくら褒めても褒めすぎることはない」と言う人もいれば、「いつも褒めてばかりいると、子どもを甘やかしてしまい、世界は自分のためにあるのだから褒められて当然、と思わせることになる」と言う人もいる。

 

子どもを褒める際には、どれほど褒めるかだけでなく、どのように褒めるかも考える必要がある。褒め方によっては、子どもを励ますことにもなれば、その逆にもなる。では、どのように褒めれば最善の結果を得ることが出来るのであろうか。

 

知っておきたいこと

褒め言葉はどれも同じではない。以下の点を考えてみていただきたい。

 

褒めすぎは子どものためにならない

中には、子どもの自尊心を高めようとして、褒める理由も無いのに褒めてばかりいる親がいる。しかし、デーヴィッド・ウォルシュ博士はこう注意を促している。「子どもたちは親が大げさに言っているのを見抜くくらいお手の物だ。そして、親は本気でそう思っているわけではない、と考える。また、そうした褒め言葉が自分に当てはまらないことを承知しており、親は信用できない、と結論するかもしれない。」

 

能力を褒める方が良い

お子さんに恵の才能があるとしよう。あなたがその点を褒めたくなるのは当然で、お子さんも褒められると、その才能を伸ばす為にもっと頑張ろうと思うことだろう。しかし、マイナス面もあるのだ。才能のことだけを褒めるならお子さんは、楽に出来ることだけをしてれば良いと考えるようになる可能性がある。また、失敗するのを恐れて、新しい事柄にチャレンジしなくなるかもしれない。「努力の要ることなんてわたしには向いてないから、やらなくてもいい。」と思ってしまうのだ。

 

もっとよいのは努力を褒めること

才能だけではなく、勤勉さや、根気強さを褒められる子どもは、大切な心理に気づくようになる。何かを習得するには辛抱強さや努力が必要だ、ということに気づくのだそのことを知っている子どもは、「望ましい結果を得る為に必要なことをする。うまくいかない時も、自分をだめな人間と考えるのではなく、これも勉強と考える。」と、愛と信頼のうちに子供を自立させることが出来るのだ。




スポンサードリンク

 

どうすればよいか

才能だけでなく、努力も褒める

お子さんに、「この絵は本当によく考えて一生懸命描いたんだね)と言うほうが、「絵の才能があるんだね」と言うよりも良いと言える。どちらも褒めているが、後者は、才能が無ければ上手くいかない、といっているようなものだからだ。

子どもの努力を褒めるなら、練習すれば能力は向上すると教えることにもなる。そうすれば、お子さんはもっと自信を持って新しいことにチャレンジするかもしれない。

 

失敗に対処するように子どもを助ける

よく努力をしている人でも何度も失敗をするものだ。しかし、そのたびに立ち上がり、経験から学んで先に進んでいく。そうした積極的な姿勢を培うように子どもを助けるにはどうしたらよいのか。

その場合も、努力に注目しよう。たとえばお子さんに、「あなたには持って生まれた数学の才能がある」とよく言っているとしよう。しかし、お子さんは数学の試験に落ちてしまったとする。そうするとお子さんは自分には数学の才能がないから努力しても無駄だ、と決め付けてしまうかもしれない。

しかし、努力に注目するなら、逆境に立ち向かう力を育てることができ、「失敗は失敗にすぎず、最悪の事態ではない」と考えるよう助けることになる。そうすればお子さんはあきらめることなく別のやり方を試すか、少なくともさらに努力をする事だろう。

 

改善点を指摘する

否定的なコメントも、適切な方法で述べるなら子どものためになり、やる気をくじくことにはならない。また、日頃からふさわしい褒め方をしているなら、お子さんはどうすれば進歩できるかを教えてほしいと思うものだ。そのようにして成果が上がるなら、親も子も満足感を得られることであろう。

 

 

 

 




スポンサードリンク