スポンサードリンク

静岡県焼津の黒はんぺんは静岡県以外ではなかなかお目にかからない。

 

白はんぺんと比べると少し歯ごたえがあり、どちらかと言うとかまぼこに近い。

 

青魚を主原料にしているので魚の風味がしっかりと効いている。

 

そして、なんと黒はんぺんの歌があるのだ!

 

恋する黒はんぺん

黒はんぺんとは

「はんぺん」と言えば、魚のすり身に卵白や山芋などを混ぜた「白はんぺん」 が主流ですが、静岡県の焼津市を中心とする静岡県中部では「はんぺん」は 「黒はんぺん」のことを指します。

 

静岡県の中部に位置する港町、『焼津』が名産で、いまや静岡名物として有名になりました。お土産売り場でもよく売られているのでご存知の方も多いと思います。

 

江戸・明治時代までは、駿河湾を漁場とする漁師の家では、もとは、いわしやサバなどの魚をそのまま自家用にして食べていたそうですが、その後、すり鉢ですってお湯に入れて加工して食べるようになったといいます。これが黒はんぺんの始まりとも言われています。300年以上の伝統を持つ静岡県焼津市の郷土色豊かな食品です。地元焼津では黒はんぺんのことを「はんべ」とも呼び、大変ポピュラーな食材です。




スポンサードリンク

 

黒はんぺんは、サバ(いわし)を原料として、独自の製法で職人さんによって作られます。うまみたっぷり。白はんぺんよりも魚のうまみが濃厚です。魚丸ごと骨まで練りこんで作られているため、カルシウム・ミネラル・鉄分・ ビタミン・DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)などが豊富に含まれています。かねふじの黒はんぺんは、獲れたて新鮮なサバのみを原料として使用しています。

 

黒はんぺんの代表的なおいしい食べ方は、主に4通り。
「生(ゆで)」「焼き」「煮」「フライ」です。生(ゆで)・焼きは生姜醤油やわさび漬けと一緒にも。
(生とは店頭で並んでいる状態のままの意味です。実際はパッケージされる前にゆでられています。)
煮ではもちろん静岡おでんに相性バツグン。静岡では黒はんぺんをおでん種として、くし刺しにして青海苔とだし粉をかけて食べるのが焼津や静岡では一般的です。

 

黒はんぺんは、ほかにも色々なおいしい食べ方・レシピがあり、楽しめます。

 

黒はんぺんは、ビール・酒のおつまみ、ご飯のおかずにぴったり。地元焼津はもちろんのこと、静岡県民はみんな大好きな黒はんぺんです。

 

はんぺんは、静岡(焼津)の当地グルメであり、静岡名物です。静岡県外ではあまり手に入りません。

是非静岡に行った際には食べて欲しい一品だ。

 

そして、恋する黒はんぺんのCDを見つけたら買って頂きたい。




スポンサードリンク