スポンサードリンク

ふるポテの黒七味風味が販売中止に

ロッテリアの人気商品のふるポテの黒七味風味が発売中止になっていた。

 

理由は【黒七味】が、京都の老舗香辛料店、原了郭の商標登録商品だったためだ。

 

記事によると、

 

販売をやめたのは、「ご当地ふるポテ」の「京都黒七味風味」。

 

北海道の「ほたてバター」や宮城の「牛たん塩」など7種類の一つとして、9月17日に全国約450店で売り出した。

 

当初は12月中旬まで販売予定だったが、10月5日に「黒七味」の商標権を持つ香辛料店、原了郭(はらりょうかく)(京都市東山区)から連絡を受け、同日、黒七味風味の販売を中止。

 

15日にロッテリアのホームページに謝罪広告を出した。同社の広報担当者は「原了郭様ほか、関係者の皆様にご迷惑をおかけし、おわびしたい。商標権の確認ミスだった」と説明している。

商標登録をしているかどうかの確認ミスだったの事だ。

 

確かに全然違う味のものに勝手に名前を使われてしまうとは迷惑な話だ。




スポンサードリンク

 

しかし、ふるポテ黒七味風味のファンの方も多かったはず。

 

黒七味とは?

厳選した7種類の材料を合わせ、それぞれの素材を生かすように
手間をかけた手作りの一品。

賞味期限 3ヶ月。開封後は、賞味期限にかかわらず お早めにお召し上がり下さい。

とある。なんとなくどんな商品かわかりにくいところもあるが、ロッテリアがご当地ふるポテに選んだからには人気が高かったのだろう。

 

ちなみに10グラム378円である。

公式オンラインショップもあるので、ふるポテで黒七味風味を味わえなかった方、もう一度黒七味を味わいたい方は是非試してみてほしい。

原了郭公式オンラインショップ/

 




スポンサードリンク