スポンサードリンク

オキシトシンで社交的に!?

オキシトシンというホルモンが注目を集めている。

 

そもそも、人とコミュニケーションを取っているときは、体内で分泌されるホルモンの一種である。

 

つまり、このオキシトシンというホルモンの分泌が少ない人ほど自閉症になりやすかったり、コミュニケーションが苦手だったりするのだそうだ。

 

前日のニュースでは、

他人との円滑な意思疎通が苦手な自閉スペクトラム症の成人の男性患者にオキシトシンというホルモンを投与し続けると症状が改善したとの臨床研究の結果を、東京大のチームが英科学誌ブレイン電子版に発表した。

 

重度の知的障害を伴う自閉症から、伴わないアスペルガー症候群まで幅広い症状を含む自閉スペクトラム症の有効な治療法になる可能性がある。

 

オキシトシンは視床下部などから分泌されるホルモンで、安心感や信頼感を育む作用があるとされている。

 

チームは20~40代の男性患者20人に対し、1日2回で6週間、オキシトシンをスプレーで鼻に噴霧。対人反応を検証し、磁気共鳴画像装置(MRI)で脳活動も観察した。




スポンサードリンク

 

その結果、オキシトシンを投与した後は一緒にいる人と会話したり、はにかんだりするなど反応が改善した。

 

さらに、脳内の他人との交流に関わる部分が活発化した。

 

チームの山末英典准教授(精神神経科)は「女性や子供に対する安全性や有効性も確かめ、今までなかった自閉症の治療薬として実用化させたい」と話している。

とあった。

 

オキシトシンスプレーを処方出来るようになると自閉症の治療薬になる。

 

しかし、悪用されてしまう事も?

自閉症やコミュニケーション不足が治るのならば、それで良い気がする。

 

しかし、オキシトシンスプレーを仮に金銭取引などの場所に持っていき、何らかの方法で相手に投与するとしよう。

 

そうすると、初対面でも相手の事を信用してしまうといった事が起きるらしく、何らかの犯罪に使用出来てしまう可能性がある。

 

もう少し身近なところだと、自分の好きな相手と交際をしたいと思った場合、相手にオキシトシンスプレーを投与すれば結ばれる可能性が高まる、という事だ。

 

人の感情をコントロール出来るという事は何でも悪い事が付きまとってしまう。

 

実用にはもう少し検討が必要そうだ。




スポンサードリンク