スポンサードリンク

竹野内豊の映画は来年は2作連続公開

竹野内豊がゴジラシリーズの最新映画「シン・ゴジラ」に出演することが判明した。

来年公開予定の「人生の約束」に続き、来年の映画は竹野内豊祭りか?

 

人生の約束

主演は竹野内豊の他に江口洋介、松坂桃李。他にもビートたけしや西田敏行など豪華な顔ぶれ。

曳山祭りで有名な富山の港町。その町は歴史上初めてという「曳山の譲渡」でゆれていた。そこに東京から一人の男がやってくる。かつての親友は、最後にもう一度「曳山につながる」事を願って死んでいった。全てを失ったとき、亡き友への想い、曳山祭りに高揚する人々の情熱、純粋無垢な一人の少女の想いに触れ、抱え込んだ葛藤と後悔を浄化していく…。

竹野内豊は主人公の中原祐馬というIT関連企業のCEOを演じるらしい。

 

シン・ゴジラ

主演は長谷川博己で、竹野内豊と石原さとみの出演が決まっている。




スポンサードリンク

舞台は現代の日本。長谷川と竹野内は、怪獣ゴジラに立ち向かう政府関係者を演じる。長谷川は「世界的に有名な、と言っても過言ではないゴジラ作品に、まさか出演させていただけるとは。しっかりと自分の役割を務めたいと思います」と話す。竹野内は「シリーズの中でも最強の仕上がりとなり、多くのファンのみならず世界の観客の心に、そして社会に深いメッセージを与える作品になると思います」とコメントした。

石原は米国のエージェント役で英語セリフにも挑戦する。「オファーが来た時『よっしゃーっ』と家で叫びましたが(撮影では)ダメ出しをされ、悔しくて涙を流してしまうぐらい難しい役と向き合っています。プレッシャーで胃が痛い毎日ですが、ヒロインを演じる責任と幸せを感じています」と話している。

竹野内豊は今度は政府関係者になるという。

昔はビーチボーイズなどでいかにも若者という役や、ヤンキー母校に帰るなど、ヤンチャな役が多かったが、来年の映画では大人の渋い演技が期待出来そうだ。

 

人生の約束は2016年1月、シン・ゴジラは2016年夏頃公開予定だ。

 

 

 

 

 




スポンサードリンク