スポンサードリンク

高橋由伸が原辰徳監督の後任候補に

原辰徳監督が退任してしまったのは何となく寂しい。

 

以前も一度退任してから復帰しているが、今回ばかりは戻って来なそうだ。

 

となると後任の監督は一体誰になるのか?と思っていたところで、高橋由伸が浮上した。

 

江川卓も候補に上がっていた

巨人高橋由伸外野手兼任コーチ(40)が新監督の最有力候補であることが19日、分かった。

原辰徳監督(57)が東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(69)と会談し、今季限りの退任が正式に決まった。

 

後任についても意見交換し、求める資質として「原野球の継承」「チームに新風を吹かせる」などが挙がった。

 

これに合致する高橋由に一本化し、速やかに交渉に乗り出すことになりそうだ。OBの江川卓氏(60)も候補に挙がっていた。

 

高橋由は兼任コーチ1年目の今季は打率2割7分8厘、5本塁打、21打点。代打の打率は3割9分5厘と、勝負強さを見せつけている。監督に就任する場合でも、選手兼任になるか、引退して専任監督になるか。

 

クリアすべき課題はある。

という記事によると、江川卓も候補に上がっていたらしい。

 

しかし、原辰徳監督の築き上げた巨人を継承し、なおかつ新しい風を吹かせられるのは高橋由伸しかいない。




スポンサードリンク

 

高橋由伸は現役続行を希望している

ここで大きな壁にぶつかる。高橋由伸が監督になればファンも選手も納得する。

 

しかし、今年からコーチを兼任している高橋由伸は現役続行を希望している。

今季から兼任コーチとして、指導者修業をスタート。

 

試合前後のコーチミーティングに参加し、グラウンド上では積極的に打撃指導も行った。若手からの人望も厚い。

 

今年1月には白石オーナーが「将来の指導者の一角」と話すなど、監督候補としての期待は高まっていた。

 

だが、本人は来季も現役を続行する意向で、自主トレ先の検討も始めているという。今季、代打では通算38打数15安打、打率3割9分5厘をマーク。

 

来季へ向け、さらなる飛躍を目指している段階だ。球団は現役を引退し、監督に専任してもらいたい意向を持っているだけに、交渉には時間がかかる可能性もある。

確かにまだまだ活躍出来そうな結果をだしている。

こちらの動画からも高橋由伸の勝負強さが伺える。

 

球団としては監督に専念し、日本一奪回に向けてチーム作りをして欲しいところだが。

 

果たしてどちらが折れるのか?




スポンサードリンク